読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mobile News PickUp

気になった、モバイル・スマートフォン・アプリ関連の記事をピックアップします。

米Googleが格安スマホを提供 月額3000円の通信料金で業界破壊?

f:id:mml_jp:20160328124915j:plain

スマホ市場は今や成熟化しつつある。3月3日に米IDCが発表した調査結果では、世界のスマホ市場は飽和状態に達し、これまでのような2桁成長が見込めないと指摘している。16年のスマホ出荷台数は約15億台程度で、前年比伸び率が5.7%に止まるとの予測だ。スマホの出荷台数の伸び率が1桁台になるのは、IDCが統計を摂り始めて以来初めてだという。

こうした状況のなか、先頃米グーグルがMVNO(仮想移動体通信事業者)サービスである「Project Fi」を米国で開始した。15年4月に同サービスを招待制で立ち上げ検証してきたが、これを一般公開したかたちだ。

 Project Fiでは、月額20ドル(約2200円)の基本料金で国内通話やテキストメッセージ、Wi-Fi経由のテザリングが使い放題で、これに1GB毎に10ドルのデータプランを追加していくシステムを採る。使わなかったデータ分は返金されるため、データ通信費を繰り越したり固定したりしている多くの競合企業のサービスに比べて、出費を抑えられることになる。

続きを読む(↓)

news.livedoor.com

◆コメント

このニュースは米国になりますが、市場が成熟化してどのメーカーと契約しても一緒という状態になると、企業は優位性を見出すために低価格路線へ動き出します。(今のMVNOと同じですね)。日本でもDMMやビックカメラに限らず、今やLINEでもMVNOのサービスを導入していることで、今後はGoogle日本法人もMVNOのサービスを提供する日が近いのかもしれませんね。